デザイン支援メニュー

新製品開発とは、売れて、作れて、事業になる「筋のいいモノ」を、しっかり考え、作り、伝え、売ることです。

クリックすると拡大します

「考える」、「作る」、「伝える・売る」の三つの段階を、それぞれに対応した三つのデザインで支援します。

menu1.「考える」段階~グランドデザイン支援~

「どんなモノを作ればいいのか、一緒に考えて欲しい。」
「今温めているアイデアを、具体的な形にしていきたい。」
「どこをどうリニューアルすればいいのか一緒に考えて欲しい。」
「試作までは何とかしたが、この先何をどうしたらいいのかわからない。」
「新しい事業のネタを一緒に考えて欲しい。」

menu2.「つくる」段階~プロダクトデザイン支援~

「今作っているモノを、使いやすく便利で安全なモノにしたい。」
「試作とテストで仮説の正しさを確かめたい。」
「提案用のキレイなモックアップをつくりたい。」
「作った試作品の外形をCADで扱える三次元データにしたい。」
「CADで作った形状を実物モデルにしたい。」

menu3.「伝える・売る」段階~コミュニケーションデザイン支援~

「今ある商品のブランドをより強くしていきたい。」
「強いブランドづくりを目指してモノづくりをしたい。」
「パッケージデザインを直感だのみでなく、ちゃんと作りたい。」
「デザイナーを紹介して欲しい。」

また、新製品開発やデザイン、ブランドづくりなどについて、その流れやポイントを学ぶためのお手伝いをいたします。

menu4.新製品開発やデザイン、ブランドづくりに関する学びのご支援

「ブランドって、一体何だろう?」
「新製品開発って、何からどう進めていったらいいのかな?」
「やってもやっても失敗ばかりなのは何でだろう?」
「デザイナーに入ってもらえば、売れるモノになるのかな?」


menu1 グランドデザイン支援

ホームに戻る